日本脳炎予防接種 ~2021年度の供給量減少~

育児

日本脳炎予防接種のワクチンが、2021年度の供給量が減少していることを知っていますか?

乳幼児期は、たくさんの予防接種を打たなければいけないので大変ですよね。でも、気にして予防接種のスケジュールを組んで確認しているので、あまり打ちそびれてしまうことは少ないかと思います。

小学生以降になると、予防接種する機会が少なくなるので、自治体から届く予防接種のご案内を確認しないと、打ちそびれるということがありそうです。

娘は、日本脳炎予防接種の2期に該当する年齢なのですが、ワクチン不足でまだ予防接種できていません。確認して打たなければと思っていたところです。

私のように、いつまでに打たなきゃいけないのかな?という方のための参考になればと思います。

むーん
むーん

この記事はむーんが書きました

ワクチン不足の原因

日本脳炎ワクチンを製造している2社のうち、1社のワクチンに製造上の問題が生じたため、製造が一時停止となりました。

そのため、ワクチンの供給量が大幅に減少し、出荷の調整が行われています。

ワクチン製造は再開していますが、製造に1年程度かかるため、その間不足が生じている状況です。

日本脳炎とは・・・

日本脳炎は、日本ウィルスの感染によっておこる中枢神経(脳や脊髄など)の疾患です。

ヒトからヒトへ感染はかく、ブタなどの体内でウィルスが増殖した後、そのブタを刺した蚊などがヒトを刺すことによって感染します。

症状が現れずに経過する場合がほとんどですが、発症した場合、20~40%が死亡に至ると言われています。

症状が出る場合、6~16日間の潜伏期間の後に、数日間の高熱・頭痛・嘔吐などが現れ、引き続き急激に、光への過敏症・意識障害(意識がなくなること)、けいれんなどの中枢神経系の障害が生じます。

※自治体からの資料より

ワクチンの接種効果

ワクチン接種により、日本脳炎の罹患リスクを75~95%減らすことができると報告されています。

定期接種の年齢

標準的な接種年齢
(2021年4月~2022年3月の年齢)
優先接種
1期1回目3歳
2回目3歳 1回目から6日~28日までの間隔をおいて接種
追加3回目4歳※2022年度まで接種を延期
2期4回目9歳※2022年度まで接種を延期

※厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou20/japanese_encephalitis.html

定期接種が受けられなくなる年齢

3回目接種7歳半になると定期接種が受けられなくなります

4回目接種(2007年4月1日以降生まれ)13歳になると、定期接種が受けられなくなります

4回目接種(2007年4月1日まで生まれ)20歳になると、定期接種が受けられなくなります
※過去に接種できなかった時期があったため、2007年4月1日までに生まれた方は20歳未満であれば定期接種対象となります。

まとめ

自治体から届くワクチン接種のご案内を、確認する必要があります。

こどもが対象年齢の場合は、実際に日本脳炎ワクチンの在庫があるかどうかを、個別予防接種指定医療機関に確認する必要があります。

日本脳炎予防接種の定期接種には、年齢制限があります。年齢制限を超えてしまうと、自費になるということは知っておいたほうが良いと思います。

定期接種の年齢制限内であれば、そこまで急ぐ必要はありませんが、忘れずにチェックしておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました