【プラバン】電子レンジで作るコツ!

レビュー

小学生高学年の娘と、親子で一緒に遊べるものってなんだろう?

ということで、本の表紙のかわいさにひかれて、親子でプラバン作ってみました!

作り始めると楽しくなって、はまってます。

むーん
むーん

この記事はむーんが書きました

参考にした本はこちら!

かわいい表紙にひかれた1冊!

『ペンと色鉛筆で作るプラバンのアクセサリーBOOK』

準備するもの

  • 図案 (『プラバンのアクセサリーBOOK』の本には図案がついています)
  • プラバン 
  • はさみかみを切ったり、プラバンを切る時に使います。
  • マスキングテープ図案を写す時に、マスキングテープで固定します。
  • 油性ペンプラバンに描く時に使います。
  • オーブントースターまたは電子レンジプラバンを加熱して縮ませます。
  • 重し用の本加熱して縮みきったプラバンをすばやく本の間にはさみ、プレスして平らにします。
  • 穴あけパンチキーホルダーにする等、プラバンに穴をあける時に使います。
  • 紙ヤスリプラバンをこすって、色鉛筆でぬる場合に使います。
  • 色鉛筆紙ヤスリでこすった後に、プラバンの裏側に色づけをする場合に使います。
  • アルミホイルオーブントースターを使用する場合に使います。
  • クッキングシート電子レンジを使用する場合に使います。

オーブントースターで加熱する場合

プラバンを、しわをよせたアルミホイルにのせ、あらかじめ加熱しておいた500Wのオーブントースターで30秒焼く。

※オーブントースターによってワット数が違うので、ワット数によって焼く時間を調節します。

電子レンジで加熱する場合

我が家のオーブントースターは、本に書いてある温度に調節できなかったため、家庭用の電子レンジでやってみました!

我が家の電子レンジの場合、130度で20秒~40秒がちょうど良かったです。

電子レンジで加熱する場合の手順

  1. 電子レンジに天板を置き、その上にクッキングシートをひいた状態で、予熱をする。
    130度で20秒~40秒
  2. 予熱が完了したら、クッキングシートの上にプラバンを置く。
  3. 予熱後、130度で20秒~40秒加熱する。

電子レンジで加熱する場合のポイント

プラバンは、加熱すると徐々に縮んでから、小さく平らになります。

途中で電子レンジをやめてしまうと、縮みきらずに、でこぼこになってしまうので注意が必要です。

  • 電子レンジの外から中の状況を見ることができる場合は、縮んだ後に小さくなっているのかを確認して、取り出してください。
  • 作りたいプラバンの大きさによっても、加熱する時間が違います。
    小さめのプラバンの場合は、20秒くらい大きめのプラバンの場合は、40秒くらいでした。

失敗例

加熱する時間が短いと、プラバンが縮みきらずに固まってしまうので、平らになりません。

一度取り出してしまうと、もう一度加熱しても、きれいに出来上がりません。

プラバンの大きさを見ながら、加熱時間を調整しましょう。

成功例

加熱した後、しっかり縮みきって小さくなったプラバンは、平らで固くなります。

まとめ

こどもと一緒に楽しめる遊びっていいですよね。

大人も夢中になれる!そして、こどもにとっても『一緒に遊べる!』楽しい時間になると思います。

時には、家事をちょっと簡単に済ませて、こどもと一緒に遊んでみるのも、充実した時間の過ごし方かもしれません。

是非、親子でプラバン!試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました