秋におすすめ!神奈川県のみかん狩り

その他
スポンサーリンク

ご縁があって、ここ10年くらい毎年みかん狩りに行っています。
こども達が小さい頃から行っていますが、くだもの大好きなこども達には最適!
みかん狩りをしながら、みかんが食べられるので子連れにもおすすめです!
親子で来ている方もいれば、3世代で来ているファミリーも。
幅広い世代で楽しめるのが良いですね。

まだ抱っこ紐で抱っこしていた頃は、みかん狩りはできないので食べる専門。
幼稚園生くらいになったら、なんとか下のほうにあるみかんを狙ってみかん狩り。
ハサミの使い方もだんたんと慣れていく感じです。

そして、中学生の息子も今年は行くって言わないかな~?
と思ったけど、みかん食べたいし行く~!と。
中学生と一緒に行くのは時間を作るのが難しくて、当日「もう今日行くしかない!」と雨が降りそうな天気の日に強行しました。

むーん
むーん

この記事はむーんが書きました。

みかん狩りに行くときの準備

みかん狩りに行こう!と思ったら・・・

  • スニーカー&ズボンが良いです!
    山になっているところが多いので、滑りやすいので。
  • ハサミを持って、みかん狩りした後のみかんも持つので、
    両手が使える斜め掛けのバッグが良いです!

そして、持ち物は・・・

  • お天気の良い日は日焼けも気になるので、帽子もあると良いです!
  • 子連れの場合は、レジャーシートを持っていると便利。
    小さい子は、レジャーシートの上でみかんを食べたり、ちょっとした荷物も置けるので。
  • 赤ちゃんは、ベビーカーではなく、抱っこ紐で!

おいしいみかんの見分け方

おいしいみかんの見分け方を調べてみると・・・

  • 色が濃い
  • 平べったくて、ヘタの裏側がへこんでいる
  • ヘタの部分の軸が小さい
  • 表面についている小さいツブツブが、小さくて多い

などなど見分け方があるみたいです。
そのあたりも気にしながら、みかんを選びましょう。

みかん狩りのポイント

  1. 自分好みのみかんの木を探す
    みかんをハサミで採り、試食して、甘くて味の濃いみかんを探す。
    ※その場でみかんを食べるのがNGな農園もあるので、最初に確認したほうが良いです。
     
    毎年行っていると、確か去年この辺りの木が甘かったような~、
    という記憶をたどって試食してみたりします。
    それから、みかんが少なめな木を試してみたら甘くて、
    さてはすでに甘いから他の人が採ってるな~という場合も・・・。
  2. みかんを採る
    入園する時にハサミをわたされているので、ハサミでみかんの根本から切る。
    そして、みかん狩りのネットに入れる前に、
    ヘタの部分をすれすれまでカットしてから入れる!ここポイントです!

    ヘタの部分が長いままネットに入れてしまうと、
    他のみかんが傷ついていたんでしまう可能性があるので、要注意!

みかん農園 ~あかざと園~

★あかざと園akazatoen hp
住所:〒259-1106 神奈川県伊勢原市善波497
電話番号:0463-95-2236

【電車の場合】
小田急線鶴巻温泉下車、神奈中バス大住台経由伊勢原駅行きにて
坪ノ内バス停下車 国道246号線坪ノ内信号左折 善波信号右折。
(バスの本数が少ないので時刻表の確認をお勧めします)
なお、駅からは2km徒歩約30分。

【車の場合】
厚木方面からお越しの方は善波の信号を右。
小田原方面からお越しの方は善波の信号ひとつ手前を左。

【駐車場】
駐車場に入るまでの道が狭いですが、駐車場では、必ず農園の方が案内してくれますので、安心です。

~2021年みかん狩り~
10月1日(金)〜12月12日(日)まで
受付時間:9:00〜15:30(閉園16:30)毎日営業 予約不要
入園料:大人600円 小学生500円 3才〜400円(お持ち帰りは別料金)
    PayPay・LINE Pay対応
お持ち帰り:大きいネット(4kg):1400円 小さいネット(2kg):700円


我が家は、みかん大好きでたくさん食べるのと、お友達におすそ分けする分を考慮して、大きいネット3袋購入。
たくさん採って帰りました!

まとめ

やっぱりみかん狩りは楽しい!
みかんを選んで採っている時って、けっこう夢中になります。
山なので、自然も感じながらリフレッシュできる感じがします。

毎年同じ場所に行っていると、こどもの成長も感じられて、それも楽しかったです。

今年は、私より身長が伸びた息子が、私の身長では届かないみかんを、たくさん採ってくれました!
なんかそれがうれしくて、やたらと「あれとって!これとって!」と言ってみる(笑)
息子も、私より背が高くなったのを自慢げに、採ってくれてました。
こうやって大きくなるのね~と違った意味でも楽しんでました。

こんな秋の楽しみ方もいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました